映像ハブ TNOC

ネクシオンの映像ハブ『TNOC』は、全世界とつながっている「日本のビデオハブ」です。

ネクシオン東京回線センター『TNOC』は、国内有数の映像ハブであり、ネクシオンの映像伝送サービスの要です。TNOCを介することで、衛星通信、光ファイバー、IP回線などメディアの種類を問わず、国内外のあらゆる拠点との間で高品質映像の集配信ができます。

国内のイベント施設や放送局はもちろん、海外のイベント施設や放送局とも光ファイバーでつながっており、「日本のビデオハブ」として重要な役割を担っています。

当社のサービスをご利用になれば、TNOCを経由させることにより、光ファイバーで多数の目的地へ高品質な映像を自在に分岐できます。 また、主要なTV局および通信社の間でご活用いただいているHD素材交換専用システム『ネクシオン分岐』では、TNOCとお客様各社を専用回線で結ぶと同時に、専用のHD-SD交換設備を設置。お客様自身が、必要な映像素材を複数、自由に選択できる仕組みを提供しています。

“ここにつなげば、世界中の映像につながる”それが、ネクシオンの誇る映像ハブTNOC、なのです。

東京回線センター『TNOC』の特長

映像伝送のグローバルネットワークの要

TNOCは国内の主要な競技場、コンベンションセンター、イベント会場と常時接続でつながっています。また、他のどのような場所からの伝送に関しても、TNOCのエキスパートが現地調査を行い、あらゆる方法を駆使して回線を接続します。

海外では、ネクシオンの海外拠点、あるいはTNOCと直接接続されている海外通信キャリアを経由して、世界中とつながる映像伝送ネットワークを構築しています。

光ファイバー、衛星通信、インターネット(IP回線)など多様なメディアに対応。常に最適な回線構成を選択して、ダイナミックなネットワーク構築を実現します。

24時間365日有人で休むことなく監視、制御

TNOCには24時間365日、専任のスタッフが交代で常駐。一瞬たりとも休むことなく、日本と世界の映像伝送を監視、制御しています。

有人かつノンストップで稼動を続けている映像ハブは、国内でも稀少な存在。スタッフの常時監視により、ちょっとしたトラブルにも迅速に対応できます。国際映像伝送の際にも、スタッフが直接、海外キャリアとの調整やトラブルシューティングに当たります。特に、小さなミスも許されないライブ中継伝送(生放送)に抜群の信頼性を発揮して、高い評価を得ています。

現場でも有人対応で、安心・確実なサポート

ネクシオンでは、機動力に富む光中継車をTNOCから全国に出動。自社エンジニアが映像伝送の現場で、責任をもってサポートを行う体制を貫いています。

お客様の現場制作中継車の間近で、光ファイバーによる高画質かつ低遅延なライブ映像伝送をきめ細かく見守り、万一の障害が発生した場合も、その場で直ちに対応します。回線の提供だけにとどまる事業者が多いなか、当社のスペシャリストによる現場有人対応は付加価値が高く、お客様の重要な映像伝送を安心してお任せいただけるサービスとの定評を博しています。

ページ上部へ